読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手水鉢さんのカクシゴト

written by @chouzubachi

舛添知事の問題の所在がよくわからない

SOCIETY

自分の金をどう使おうが自分の勝手

自分のお金を自分でどう使おうが、勝手である。

これは誰もが認めることだろう。

舛添都知事の場合、政治団体の金で家族旅行に行ったことが問題になっている。

字面だけから見ると、舛添さんは他人の金で家族旅行に行ったふうにみえるので、問題がある気もする。実際、都議会で追及され、マスコミにも糾弾されている。

 

舛添さんが作った政治団体のお金=舛添さんのお金?

けれども、舛添さんの政治団体のお金なのだから、実質的に舛添さんのお金なのではないだろうか。別に我々国民の税金が投入されているわけでもないだろう。

そう考えると、自分のお金を自分で使っているだけにも見える。

先に行っておくけれども、別に私は舛添さんの支持者ではない。ただ、よくわからないという感想だけを持っている人間だ。

逆に考えれば、私的なお金は、自分のポケットマネーで支出するほうが面倒が少なくていいのではないだろうか。どうして舛添さんがわざわざ政治団体のお金で家族旅行に行ったのかよくわからない。政治団体の財布のほうが遥かに大きいとしても、別に家の財布から出せないわけじゃないでしょう。

税制上の優遇などがあるのだろうか。それとも度重なる離婚の慰謝料や養育費で家の財布が大変なのでしょうか。

その辺門外漢なのでわからないし、マスコミも全然教えてくれない。

 

やめろやめろの大合唱

コストのことを考えると、舛添さん続投のほうが得なんでしょ?

都知事選を行うと、選挙費用が46億円もかかり、任期満了後の選挙に比べると4億ほど余計にかかるのだという。

なら続投させたらいいのでは?と思う。

報酬を返上して働いてくれるといっているし。ただで働いてもらいましょうよ。

政治的停滞が生じるのは舛添さんだけの問題か?

舛添さんが続投しても、誰も彼のいうことに耳を貸したりしないから、その間の政治が停滞するぞっていうかもしれないけど、よくよく考えたら都議会が条例作ればいいだけの話で、停滞するのは、要は都議会に政策策定能力がないってことでしょ。そのほうが大問題なわけで。

仮に政策策定能力があるとして、舛添さんに花を持たせるような政策を作りたくない、というのなら、それはもはやメンツの問題ではないでしょうか。くだらんメンツのために都民を犠牲にするなら、それは都議会の議員の問題でしょう。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする